一人ひとりと誠実に向き合う医療を共に

院長メッセージ

「small(病院は小さくても)is beautiful(心は美しく)」
患者さま一人ひとりと誠実に向き合う医療を一緒に届けていきましょう

名春中央病院 院長 森 文美

名春中央病院は、1972年に名古屋市と春日井市の市境に誕生しました。
それ以来、医療・介護・福祉サービスの向上に努め、
「small(病院は小さくても)is beautiful(心は美しく)」の理念をかかげ、患者さま一人ひとりと誠実に向き合う姿勢を大切にしてきました。一方、職員に対しては、知識やスキルを高めるための研修会、5年に1度の職員海外旅行、医療費減免制度など、仕事へのやりがいや働く環境をより良くするためにさまざまな取り組みを行っています。また、ワークライフバランスを考慮して休日を取りやすい環境を整えたり、ダイバーシティ(多様性)への取り組みとして外国人の介護スタッフを積極的に採用したりと、時代のニーズに合わせた職場環境づくりを目指しています。
当院は内科系を中心とした一般病床32床、療養病床52床、計84床の入院設備、外来は脳神経専門外来、内科系など9科が揃っており、幅広い患者さまの診療にあたっています。また、2018年に電子カルテを導入し、MRIも完備するなど、設備機器も充実しています。さまざまな医療と関わりながらステップアップできる当院で、ぜひ一緒に「small is beautiful」の精神で、「心のこもった効率ある医療」を充実させていきませんか。

名春中央病院 院長 森 文美

当院ではたらく魅力

  • 患者さま一人ひとりと
    誠実に向き合う姿勢を大切に

    少子高齢化社会では、医療のみならず介護や福祉を含めた幅広い社会サービスを提供することが求められます。患者さま一人ひとりと誠実に向き合う姿勢を大切に、地域に開放された明るく、心のこもったうるおいとやすらぎのある病院づくりを大切にしています。

  • 心のこもった効率ある医療を
    目指しています

    先代から大切に受け継がれている「心のこもった効率ある医療」という理念は、今の時代にこそふさわしい言葉かもしれません。子育てや介護と両立しながらでも職員の皆さんが安心して働けるよう、看護の質と同時に、効率ある医療も追求しています。

  • チームワークが良く
    アットホームな雰囲気の職場です

    看護師の年齢層は20代から50代と幅広く、看護学生以来永く勤めている看護師も少なくありません。明るく元気な職場で、看護の専門職業人として誇りを持ち、成長を実感しながら多職種と連携していきいきと働いています。

当院の教育制度

マンツーマン指導でしっかり看護を学べる

看護教育として、看護協会での外部研修の参加を年に4~5回程度行っています。費用は病院で負担しており、年間計画を立て順次参加してもらいます。
研修を受講した後は話す力を身に付けてもらうため、伝達講習を行い他のスタッフにも共有できるシステムになっています。
また、外部講師を招いた年に2回程度の院内研修の他、さらに介護職員にも同様に年数回の院内研修の勉強会を開催しています。
当院は中途採用が多く、アットホームな環境でマンツーマンで指導に当たっており、ブランクがある方・経験の浅い方でもしっかり看護を学べるように教育環境を整えています。

当院の教育制度 風景写真01

当院の教育制度 風景写真02

当院の教育制度 風景写真03

先輩からのメッセージ

募集職種

ページトップへ戻る