特定健康診査・特定保健指導

 平成20年4月から、医療保険者(国保・被用者保険)に義務化されました「特定健康診査」では、健診実施後、結果説明・階層化(リスクの程度から自動判定)・情報提供を行います。「特定保健指導」では階層化(下表)に基づき、「動機づけ支援」及び「積極的支援」を実施します。「標準的な健診・保健指導プログラム」における特定健康診査から特定保健指導を管理栄養士が担当します。

特定健康診査の実施

 特定健康診査は、糖尿病等の生活習慣病、とりわけ内臓脂肪症候群(メタボリックシンドローム)の該当者・予備群を減少させるため、保健指導を必要とする者を的確に抽出するための健診項目となっています。

 対象:40~74歳の全被保険者(被扶養者含む)

健診項目

1. 必須項目 (健診対象者全員)
  • 質問票(服薬歴、喫煙歴等)
  • 身体計測(身長、体重、BMI、腹囲)
  • 理学的検査(身体診察)
  • 血圧測定
  • 血液検査
    • 脂質検査(中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロール)
    • 血糖検査(空腹時血糖又はHbA1c)
    • 肝機能検査(GOT、GPT、γ-GTP)
  • 検尿(尿糖、尿蛋白)

2. 詳細項目 (医師が必要と判断した場合)
  • 心電図検査
  • 眼底検査
  • 貧血検査(赤血球数、血色素量、ヘマトクリット値)
    注)一定の基準のもと、医師が必要と認めた場合に実施

特定保健指導について

健診結果により、【ステップ1】では腹囲とBMIによりグループ分けをし、【ステップ2】では①血糖、②脂質、③血圧、④喫煙歴により追加リスクをカウントし、【ステップ3】で保健指導レベルをグループ分けします。

【ステップ1 【ステップ2】 【ステップ3】
腹囲 追加リスク ④喫煙歴 対象
≧85㎝(男性)
≧90㎝(女性)
①血糖、②脂質、③血圧 40~64歳 65~74歳
2つ以上該当 --- 積極的支援
(注2)
動機付け
支援
(注1)
1つ該当 あり
なし 動機付け支援
上記以外で
BMI≧25
3つ該当 --- 積極的支援 動機付け
支援
2つ該当 あり
なし 動機付け支援
1つ該当 ---

①血糖:空腹時 100㎎/dl以上又はHbAlcが5.2%以上
②脂質:中性脂肪 150㎎/dl以上又は、HDLコレステロール 40㎎/dl未満
③血圧:収縮期 130㎎Hg以上又は、拡張期 85㎎Hg以上

*【ステップ1】で非該当の場合及び、【ステップ2】①~④の合計リスク数が 0 の場合は情報提供のみ実施します。(医療保険者の判断により、必要とされる者に特定保険指導を実施することもできます。)

(注1)動機付け支援
保険指導機関は、原則1回の面接(1人当たり20分以上の個別面接、又は1グループ80分以上の面接)による支援を実施します。対象者本人が生活習慣の改善すべき点等を理解し、自ら目標を設定し行動に移すことが出来る内容とし、行動計画等を6ヶ月経過後に実績評価します。

(注2)積極的支援
初回時の面接、6ヶ月後評価等は動機付け支援と同様に実施します。
対象者が行動目標を達成するために必要な支援計画を立て、行動を継続できるよう3ヶ月以上継続的に介入します。

支援A
(積極的関与タイプ)
支援B
(励ましタイプ)

情報提供

特定健康診査を受信した全員を対象に、年1回、健診結果と同時に情報提供します。内容は健診結果や質問票から対象者個人に合わせた、生活習慣やその改善に関する基本的情報を提供します。更に特定保健指導対象者への保健指導勧奨も行われます。